こんにちは。タイ担当の平松です。

 

この1月後半にタイ出張へ行ってきたのですが、立ち寄ったスーパーでちょっと不思議な光景を目にしました。

 

店内の一角にずらりと並んだ、大量のバスケット…?!

 

タイ人の知人に聞いてみると、こちらのバスケット、タイではよくあるギフトのパッケージなのだそうですが…。これほど大量に並んでいるのには、1月から2月という時期的な要素も関係しているのだとか。

 

今回はひさびさの現地リポートとして、タイのお正月とギフト事情にまつわるタイムリーなネタをお届けしたいと思います。

 

 

3つの正月を祝う国、タイ

ba31c006e1fb80c7757d2d831bc848c3_s

 

タイは、西暦の1月1日の「正月」、1 月下旬から 2 月中旬にある「中国暦の旧正月」、4 月 13 日から 15 日までのタイ正月(ソンクラーン)の 3 つの正月をそれぞれ祝うという珍しい国です。

 

長期間の休日となるのは4月のタイ正月ですが、1月1日の正月や中国暦の旧正月も祝う習慣があります。私が話を聞いたタイの知人は、旧正月はあまり祝う習慣はないと言っていましたが、中国系の会社などでは休日にするところもあるそうです。

 

一方で、タイでも日本のお歳暮などのように、お世話になっている方に感謝の気持ちを表す方法として、贈り物をするという習慣が根づいているとのこと。特にお正月シーズンには、新年1年を元気で過ごしてほしいという思いを込めて贈り物をするのだとか。

 

私がタイ出張に訪れたのは1月1日の西暦の「正月」から、1月下旬から2月上旬にある「中国暦の正月」の間ということで、まさに贈り物シーズン。なるほど、大量のバスケットが並んでいるのはそういうわけだったのですね。

 

 

バスケットの中身は、健康食品?!

名称未設定

(※商標保護のため画像を加工しています)

 

ところで、なぜバスケットの詰め合わせが人気なのでしょう…?

 

再びタイ人の知人に聞いてみると、「中身を考えなくてすむから楽だし、便利で喜ばれる」のだとか(笑)。

 

気になる中身は、食品や飲料品がメイン。コーヒーや紅茶、チョコレートなどもありますが、中でも特徴的なのは、健康飲料や健康食品が多く入っていることでした。

 

さらに詳しく話を聞いてみると、こちらのバスケットギフトはご年配の方々への感謝の気持ちを込めて贈られることが多いとのこと。健康食品が多いのは、「健康に気をつけて、今年1年も元気でいてください」というメッセージと言えるのかもしれません。

 

話を聞いていて、バスケットはかなり重量感もあり、ご年配の方には重くて大変なのでは…と思ったのですが、知人曰く「重ければ重いほど感謝の気持ちが伝わる」という説もあるのだというから、面白いですね。

 

個人だけでなく、会社へ新年の挨拶として贈ることもあるということですので、ご年配の方がいらっしゃるクライアントには、バスケットを贈ると喜ばれるかもしれません。

 

 

まとめ—売れるヒント

写真

 

ちなみにこちらのギフト売場、バスケットがずらりと並んだスペースの横には、日本の食品メーカーの箱詰めギフトも少し並んでいました。すでにタイのギフト市場に参入している企業もあるようです。

 

ギフトは他の人とひと味違うものを贈りたい、というニーズもあるので、例えば今回のバスケット型の詰め合わせギフトの形式にあわせて、“日本ブランド詰め合わせバスケット”という形があっても、面白いですよね。

 

3度の正月をお祝いするタイでギフト市場をねらってみるというのも、考えどころがあるかもしれません。

 

さて、今回は、まもなく旧正月を迎えるタイの売場からリポートをお届けしましたが、いかがでしたでしょうか。

 

タイ正月にまつわる情報は、また機会を改めてお届けできればと思います!

 

Pocket