こんにちは、マレーシア担当の浮ヶ谷です。

 

さて、前回「 周辺国とは違う、マレーシアのテレビ事情」をお届けしましたが、その影響からか最近は「現地で実際どんな商品が売れるのか?」「どんな番組を放送しているのか?」という質問をよくいただくようになりました。

 

というわけで今回は、当社がマレーシアでお手伝いさせていただいた日本通販企業のインフォマーシャル事例のなかから、かなりの反響を得たものを、実際の動画でご紹介したいと思います!

 

 

マレーシアにおける日本企業のインフォマーシャル事例(動画)

 

その実例動画が、こちら!

 

 

前回ご説明したマレーシアの地上波TVのうち、このときは「TV9(マレー語)」で30分番組、「NTV7(中国語、英語、マレー語)」で15分番組のインフォマーシャルを放送しました。

 

上記では、皆さまにも内容がご理解いただきやすいよう英語バージョンをアップしています。実際は同様の映像で、マレー語バージョン、中国語バージョンも制作。同様の映像が3カ国語で流れるのも、マレーシアならでは…?!

 

ちなみにご紹介しているのは、株式会社オーシンの「エバークール」という商品。敷くだけでひんやりと快適、安眠へと導いてくれるという冷却ジェルマットです。販売価格は260RM(約7,800円)。

 

番組の冒頭は、夫婦が眠るときに「冷房をつける or つけない」で喧嘩しているところからはじまります…。1年中暑い東南アジアでは、共感を覚える人も多かったのかもしれませんね?!

 

スクリーンショット(2014-09-10 15.41.20)

 

日本語字幕はありませんが、ビジュアルから内容も想像できてしまうのが動画の力

 

外国語で日本の通販番組を見るというのもあまりない機会だと思いますので、ぜひ短い時間でもご覧いただき、日本との違いを探し、また感じとってみていただければと思います。

 

 

在マレーシアの日本人も注目?!静かな盛り上がりの兆し

 

ちなみにこちらのインフォマーシャル、マレーシア人から予想以上の反響を得たほか、マレーシアに住む日本人の方々の中でも、ちょっとした盛り上がりを見せていました。

 

たとえば、こちらのブログ。日本語でマレーシアの情報を発信されているLilyさん(ハンドルネーム)という方が、自身のブログにて取り上げてくださっていました。

 

スクリーンショット(2014-09-10 15.53.40)

 

ご本人曰く「想像」の日本語訳つきですが…ポイントを押さえた要約になっていますね!

 

Lilyさんにコンタクトをとって掲載の理由を伺ってみると、マレーシアのテレビで“日本の”商品を扱っていたので驚き、またおもしろいと思ってブログにとりあげてくださったとのこと。

 

まだ珍しい市場だからこそ、いろいろな意味で注目度は高いといえそうです。

 

 

以上、今回はマレーシアのインフォマーシャル事例をお届けいたしました。

 

反響の詳しい数値など、マレーシアでのインフォマーシャル放送についてご興味をお持ちいただけましたらぜひお気軽にお問い合わせください。

 

Pocket