こんにちは。マレーシア担当の浮ヶ谷です。

 

突然ですが、皆さんはマレーシアのマレー系チャンネルで流れているテレビコマーシャルを見たことがあるでしょうか?

 

実はマレーシアでは、食品やサプリメントなど「口に入れる商品」のCMにおいて、通例となっている“ある共通点”が…。

 

今回はその、“ある共通点”についてご紹介したいと思います。

 

 

何に気づくでしょうか…? マレーシアのコマーシャルで共通すること

halal_image

(※画像はイメージです。実際のCMではありません)

 

有名ファストフード店の商品や、家庭用の調味料に、飲料や菓子類。テレビを見ていると、食品を中心とする「口に入れる商品」のCMは多々目に入ってきます。

 

上の画像は実際のCMではありませんが、4つの画像とも、それぞれ、マレーシアの食品やサプリメントのCMにおけるワンシーンを模して作成したイメージ画像です。

 

見ていて、どんな共通点に気づくでしょうか…?

 

 

 

「口に入れる商品」のテレビコマーシャルには、ハラルマークを表示

halalmark

 

そう、ポイントはこちらのマーク。ハラル(HALAL)マークです。

 

先ほどの、マレーシアのテレビCMをイメージした4枚の画像それぞれに、すべて表示されていたのがこちらのマーク。

 

以前「日系企業に有利? 周辺国とは違う、マレーシアのテレビ事情」という記事でマレーシアのテレビ事情についてもお届けしましたが、マレーシアの地上波TVは、全6局のうち、4局はマレー系のチャンネルになっています。また、有料衛星放送もマレー系向け、華人向け、インド系向けチャンネルに分かれています。

 

上記のうち、マレー系のチャンネルで放送する「口に入れる商品(食品・サプリメント・飲料など)」のコマーシャルについては、マレー系をメインターゲットとしているため、ほぼすべての商品がハラル認証を取得しているようで、視認性の高い位置にハラルマークを入れています。

 

このことから改めて、「ハラル認証の有無」がマレー系消費者にとって、購買における意思決定の重要な要因になっていることが理解できるのではないでしょうか。

 

 

ハラル(HALAL)とは

 

ところで「ハラル」という言葉。耳にしたことがあるという方は多いと思いますが、今一度おさらいをしておきましょう。非営利一般社団法人ハラル・ジャパン協会のホームページによると「ハラル(HALAL)」とは、下記のように説明されています。

 

“ハラル(HALAL)とは、イスラムの教え(シャリーア法とイスラム原理)で許された、「健全な商品や活動」のことの全般を意味します。(発音の問題ですが、「ハラール」は「ハラル」とも言われます)。

 

ハラールの反対は「ノン・ハラール」あるいは「ハラム」と呼ばれ、これらイスラム教徒にとっては有害な物、中毒性のある物を意味しています。従ってイスラム教徒は、ハラール品であると正式に認められるもの以外の食べ物、 飲み物などは避けなければなりません。

 

ハラールとは、こうした安全な生活を示すためのガイドラインであり、イスラム教徒にとっては無くてはならない規準なのです。 しかしハラールとハラムをはっきりと区別することは 非常に複雑で難しく、基準も国ごとに異なります。 また、ハラールは食品だけでなく、化粧品や医薬品、介護用品、金融など様々なサービスにも適用されます。”

 

※引用元:非営利一般社団法人ハラル・ジャパン協会

http://www.halal.or.jp/main/halal.php

 

そしてマレーシアのハラルマークは、国が認証制度を主導しているため、中東を含めても「世界一信用度の高いハラルマーク」と言われているのです。

 

 

CM・番組制作における、マレーシア特有の規制に要注意!

2015y08m05d_145519159

(画像:マレー系チャンネルでオンエアがNGとなったインフォマーシャルのひとコマ)

 

また、ハラル関連ではありませんが、イスラム教に関連して、テレビCMやインフォマーシャル、テレビ番組でもマレーシア特有の規則があります。それが、女性の肌の過度な露出がNG、という点。

 

以前、タイで収録したインフォマーシャルで、その中に出演していた女性数人が肌を過度に露出しているという理由でオンエア不可となったというケースもあるので、同じASEAN域内でも注意が必要です。

 

 

高まるイスラムマーケットへの注目と、マレーシア進出への関心

FullSizeRender1

 

ところでこの7月15日に行われた「日系通販企業のためのマレーシア進出セミナー」にて、非営利一般社団法人ハラル・ジャパン協会の代表理事 佐久間朋宏氏とともに、私も講師として講演させていただきました。

 

講演テーマは、「マレーシアにおける日系企業の通信販売の始め方」。ASEANとテレビショッピング市場概況から、数々の現地事例、販売までのステップまでを解説しました。

 

イスラムマーケットへの注目が高まる中、イスラム市場で有利になる「世界一信用度の高いハラルマーク」を得られるマレーシア進出も、着実に注目を集めています。

 

進出に関するご相談なども承っておりますので、興味のある方はこちらのフォームからお気軽にご相談いただければと思います。

 

 

Pocket