こんにちは。トライマーケット編集部の樋口です。

 

3月17日(火)、「一般社団法人 日本特産品促進協会(略称:JASPO)」主催の第3回セミナー、「機能表示だけではない!健康食品販売が大きく変わる!?健康食品JASの影響・緊急研究会」が開催されました。(※JASPOについて詳しくは、こちらの記事をご参照ください)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

平日の忙しい時間帯にもかかわらず今回もたくさんの方に足をお運びいただきました。さっそくセミナー当日の様子と、参加者の方々よりいただいた声の一部をご紹介したいと思います。

 

記事の最後には、4月21(火)、22日(水)東京国際フォーラムで開催される「健康原料・OEM展2015」の関連セミナー情報も記載してありますので、ぜひお見逃しなく。

 

 

健食・サプリのTVショッピング、4月からの最新活用術とは?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

第一部では、「健食・サプリTVショッピング活用戦略〜国内+海外! 4月からの最新テレビ展開策」として、国内の健康食品を取り巻く市場解説から具体的な事例紹介が行われました。

 

■【国内】健康食品を取り巻く市場:

まずはJASPO 代表理事、かつ当社取締役執⾏役員の鈴⽊ 雄太郎より、国内における健康食品市場についてのプレゼンテーション。数々の市場データを横断的に分析し、健康食品市場の状況が現実的な視点で導き出されていきます。

 

一見すると新規参入は難しい…?と思われがちな、テレビ通販における健康食品市場。しかし実際は、健康食品企業でもテレビ通販を活用し、着実に成長をしている企業があります。ということで、続いては当社営業企画部長の杉山直人より、国内の事例紹介へ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

■【国内】事例紹介、JASPOキャラバン企画について:

とある健康食品を事例に、「他社の類似商品と比べて価格優位性もなく知名度も低いなか、どのように戦っていったのか?」という切り口で、29分尺でつくられた実際の番組映像を流しながらのポイント解説。“差別化しづらい”と思われる健康食品市場において、素材選びのこだわりや愛用者の声など、何をどのように訴求していったのかを振り返ります。

 

またJASPOでは地方創生応援のための協賛型企画として日本国内の地域特産品、「ふるさと名物」のテレビショッピング企画・制作・販売を支援していますが、「TV制作の常識を超えたコストで実現できる」などこの企画の特徴や、すでに実現した事例の紹介も行われました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

■【海外】べトナムでの健康食品販売事例:

第一部の締めくくりは、当社海外事業推進部第2グループ グループマネージャーの西和彦による「べトナムでの健康食品販売事例」のプレゼンテーション。ASEAN各国の健康食品市場は日本の健康食品と比べると規模は小さいものの、高い成長率を示しており、今後の展開が注目されています。

 

そのような状況下、「べトナムと日本国内における市場では何が違うのか? 」を主軸に、「輸入販売許可時に『効果効能』として認められると広告表現でも“〜に効く”という表現が可能になる」など、べトナムの健康食品の特徴や、現地での販売事例、媒体による反応の違いなどが解説されました。

 

 

農水省の自主ガイドラインで大きく変わる!〜健食JASへの道〜

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

第二部では、農林水産省 ガイドライン検討会委員、ヘルスビジネスマガジン社 代表取締役会長の木村忠明氏を講師にお招きし、「農林水産省の自主健食ガイドラインで大きく変わる! ~健康食品JASへの道を拓く~」というテーマでお話いただきました。

 

高齢化の進む日本における社会保障費の増大予測、これに伴い国が健康寿命と平均寿命の差を縮める健康寿命延伸産業の育成に取り組み始めたという社会背景から、他国との比較、また新たな機能性表示制度のイメージまで広範囲にわたり、非常にタイムリーかつ貴重なお話を伺う機会となりました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

セミナー後には、参加者の皆様に講師と直接お話いただける懇親会をご用意。情報交換やネットワークづくりの場としてご活用いただきました。

 

全体を通して、アンケートには「事例がわかりやすかった」「大変わかりやすく、楽しく学べた」など好評の声をいただくことができました。

 

 

4/21日(火)、22(水)に「健康原料・OEM展2015」にて登壇予定

13b2bfde8869f3b04eb3516cccfe498a_s

 

今回のテーマに関連して、4月21日(火)、22日(水)に東京国際フォーラムで開催される原料供給・受託加工のビジネスショー、健康原料・OEM展2015では、「トライステージ×ヘルスビジネスマガジン社共催セミナー」として、2日間にわたり計7本(下記)のセミナーを予定しております。気になるキーワードのある方はこの機会をお見逃しなく。

——

■4/21(火)
・「ネットショッピング+TVショッピングで売上をアップさせるノウハウ」

・「TVショッピングで売れる商品の実際」

・「ヘルスケアビジネスは地方創生の起爆剤!! 地方自治体と連携した地方創生支援制度の活用」(JASPO)

・「ドラックストアなど店頭販売に活用できる、テレビを使った広告手法」

 

■4/22(水)
・「ASEANで売れる健康食品の実際!日本の普通はASEANの特別!」

・「健康食品販売チャネルの実際」

・「ASEAN企業バイヤー情報交換会 ランチ付き」

 

■セミナー予約ページはこちらから

——

セミナーのご予約は、「健康原料・OEM展」公式HP内の「セミナー予約ページ」にて受け付け中です。リンク先より「トライステージ×ヘルスビジネスマガジン社共催セミナー」の欄をご覧ください。

 

Pocket