こんにちは。トライマーケット編集部の樋口です。

 

スマートフォンやタブレット端末の普及によって急成長を遂げるEC通販市場。ダイレクトマーケティング市場においてもその影響は大きく、テレビで認知した商品をWebで検索して購入するなど消費者の購買活動へのメディアの関わり方も多様化しています。そのため、従来メディアごとに設計することが多かったマーケティングプランも、消費者の行動に合わせた複合的なプランニングが重視されるようになってきています。

 

こうした背景を踏まえ、トライステージはこのたび、ダイレクトマーケティング領域におけるWebプロモーションを主力事業とする株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ(以下アドフレックス社)をグループの一員として迎えました

 

今回は、同社代表取締役社長の桑畑治彦氏を迎え、アドフレックス社の強みや今回のグループ参画で実現されることなどについて伺いました。

 

「企業ブランド」を軸に置いたダイレクトマーケティング事業支援で成長

photo1
    株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ 代表取締役社長 桑畑治彦氏
 

Q.御社の事業についてお聞かせください

アドフレックス・コミュニケーションズは、ダイレクトマーケティング領域におけるWebプロモーションをメイン事業とし、今年10期目を迎えました。創業時、最初にお手伝いしたクライアントが大手メーカー系企業の通販事業の立ち上げだったため、その経験を活かした事業展開で同ケースの案件を多く手掛けさせていただいています。お手伝いの範囲はさまざまで、立ちあがっている業務の新規顧客の獲得のみをお手伝いするケースもあれば、通販業務の立ち上げ時に事業計画から入らせていただくこともあります。

Q.大手企業ならではの特徴はあるのでしょうか

大きな特徴としては企業としての長い歴史があるという点です。もともとある大きなブランドを背負っているところからスタートする通販事業では、企業や商品のブランドやストーリーを大切にしながら売ることを意識する。そのため、我々もお手伝いするときにはそれらバックグラウンドの理解に時間を割きます。アドフレックス社がクライアントに支持されているのはその点だと思います。

 

「スピード」だけを重視しない。「理解」することがより深いクリエイティブを生み出す

photo2
 

Q.業界における課題について伺います

我々が領域としているデジタルの世界は「スピード」を活かした短いサイクルでPDCAを回すことが特徴です。クリエイティブの制作やその公開、クリエイティブを改修して再度公開するなどの作業が、新聞やテレビでのプロモーションに比べると非常に短いスパンかつマス広告に比べると少ないコストで行えます。異なるプロモーション素材を展開して、反応が良いものを残し悪いものを下げる。さらに新たな素材を展開し…というようなテストも絶えず行いながら、「良いものだけを残していく」というのが通常の手段です。

一方、デジタルの世界ではスピードを重視するあまり、考える時間を割くことを忘れがちになることがあります。「まずは掲載して結果を見てみましょう」というスタイルをとられている会社も少なくありません。アドフレックス社が大切にしていることは、広告掲載前に「考えること」。また、結果が出た後にも「なぜ売れたのか、なぜ売れなかったのか」考えることが非常に重要と考えています。忙しさのあまり、考えることを怠り結果だけを追求すると、そのうち「誰に届けるためのメッセージだったのか」を見失ったコミュニケーションになってしまうからです。

アドフレックス社がお取り引きさせていただいているクライアントは企業ブランドを軸にした通販事業を展開しています。そのプロモーションを手掛けるには、企業ブランドや商品の効能・成分はもちろんのこと、その開発ストーリーなどを含めたバックグラウンドをきちんと理解する必要があります。それらを整理して、理解した上でのプロモーションプランやクリエイティブは深さが違います。実はアドフレックス社では自分たちでもECを立ち上げて商品を売っています。その経験から、商品に対する理解があるのとないのでは生み出されるクリエイティブに違いがあることを知っています。なぜこの成分が使われているのか。商品に関するあらゆることを知ることで、年齢層や性別だけではないターゲット層が浮かんでくるのです。

 

幅広いソリューション提供の実現で、次のステージを目指す

photo3

Q.今後の展開についてお聞かせください

これまでのWeb領域のみでの提案が、テレビも含めてトータルのご提案ができることは大きなメリットだと思います。どうしてもお取り引きしていく中では、我々がお手伝いできる範囲、つまりはWeb領域での施策でできるだけのことをしたいという気持ちが強くなりますが、グループ全体で複合的な提案ができることで、クライアントにとって、より良いポートフォリオのプランニングが可能になると思います。Webのみでの展開になっているクライアントには、トライステージの業界における優位性やノウハウを活用した提案で、テレビ通販への敷居を低くすることができると思いますね。

広告予算の大半を占めるのはテレビとWebであり、テレビとWebのデータをマネジメントして、広告投資効果を向上させるための施策を設計すれば、クライアントにとって最も効果的・効率的なマーケティングプランになる。これは提案する側の私たちにとってもより効果的・効率的なビジネス展開につなげられると思っています。

創業から10年目を迎えた今、デバイスの多様化により消費者が情報を受け取る方法は増え、当時はネットショッピングに懐疑的だった50代以上の人も抵抗なく活用するようになりました。ダイレクトマーケティング市場はまだまだのびしろがある。グループ力を活かして、さらなるステージを目指していきたいと思います。

 

 

以上、アドフレックス社の桑畑社長に聞きました。

 

デジタルの利点のひとつであるスピードだけに頼らず、企業や商品をゼロから理解しクリエイティブに落とし込む。その時間を惜しまないことが、より深い提案につながるという言葉が印象的でした。

 

ネット業界におけるダイレクトマーケティングの最先端事情については、
今後トライマーケットでもお届けできればと思います。
どうぞご期待ください。

Pocket