世界中のダイレクトマーケティングの事例を紹介

田子・木村写真

日本の魅力的な地域商材の世界展開を加速させる。「日本百貨店」の事業承継が決定

2016.02.10

当社のグループ会社である株式会社トライステージリテイリングは、株式会社コンタンの保有する「日本百貨店」事業を承継することになりました。“ニッポンのモノづくりとスグレモノ”をテーマに全国の魅力的な地域商材を扱う「日本百貨店」事業をトライステージグループで展開することになった背景や、今後の展望についてインタビューしました。 ...続きを読む

タイデパート

タイのデパートで日本のお店が大人気?! 今、タイで起きているブームとは?

2016.02.04

今、タイのデパートでは、日本のあるお店が大人気で、休日は行列をなすこともあるそうです。「タイの人たちにとっての日本」とは、どういうものなのか?この背景から売れるヒントを探ります。 ...続きを読む

CRMセミナー

【セミナーレポート】通販大手企業 元マーケティング責任者がCRMの具体的ノウハウを公開! 3社共開の『通販CRM”事例“セミナー』

2016.01.28

1月6日にリリースを行った、当社グループ会社のメールカスタマーセンター株式会社と株式会社ファインドスターの業務提携。その一環で、『通販CRM“事例”セミナー』が開催されました。3社からそれぞれ、CRMの現場の成功事例をご紹介したセミナー当日の様子をご紹介します。 ...続きを読む

メールカスタマーセンター社 葉山氏の画像

ニッチメディアのトップ企業とDM分野で提携! コストを抑え、CRMの強化を実現

2016.01.21

1月6日付で発表しましたが、当社のグループ会社であるメールカスタマーセンター株式会社は、ニッチメディアトップ企業である株式会社ファインドスターと提携することになりました。その背景について、メールカスタマーセンター株式会社・執行役員の葉山智彦氏にお話を伺ってきました。
...続きを読む

マレーシア 東京ストリート

海外発の“日本ブランド”も大人気!? マレーシアの「TOKYO STREET」に学ぶJAPANブランド活用術

2016.01.14

マレーシアの首都、クアラルンプールの中心部にある「TOKYO STREET(東京ストリート)」。先日出張で現地を訪れ、散策してみたのですが……、そこでちょっとした“違和感”が。その違和感の正体と、そこから学ぶ日本ブランドの威力を探ります。

...続きを読む

冬物のダウンジャケット写真

常夏の国マレーシアで冬物が売れる理由

2016.01.07

外では30度超えの気候なのにもかかわらず、ショッピングセンターの中ではコートやダウンなどの冬物が売られているマレーシア。その理由とは?!
...続きを読む

鳥取 蟹の水揚げ

日本特産品促進協会【JASPO】が届ける「特産品マート」始動。ローカル to ローカルの双方向で市場をつくり、日本全体の活性化へ

2015.12.24

当社が後援する一般社団法人 日本特産品促進協会(JASPO)では、12月1日に「特産品マート」をオープン。第一弾となる鳥取県の松葉ガニと鳥取和牛は、岐阜や三重など別の地方エリアからも注文が入り、なかなか好調なのだとか……?!担当者に、特産品マートの背景や反響について話を聞きました。 ...続きを読む

アイキャッチ用拡大画像

トライステージ、インドネシアで日本企業初のテレビ通販支援事業を開始。その決断の背景は……?

2015.12.17

12月11日付けで発表の通り、トライステージでは、インドネシアにおけるテレビ通販支援事業を開始いたしました。なぜ今、インドネシア市場なのか。そして、インドネシアの通販支援事業を成功に導くための、強力な現地パートナーとは……? リリースの背景となった、市場環境やメディア環境についてご紹介します。 ...続きを読む

International Beauty Expo Korea 2015会場風景

韓国美容品がグローバルで成功したヒミツとは?『International Beauty Expo Korea 2015』会場から学ぶ“売れるヒント”

2015.12.10

10月15日〜17日に韓国・ソウルで開催された『International Beauty Expo Korea 2015』。韓国美容市場をリサーチするため、私も実際に会場へ足を運びました。美容大国、韓国の背景にある“売れる理由”とは一体……?! ...続きを読む

7baabffee83e628dbf8c466a105e05b6_s

コールセンターに新潮流の兆し? 変わりゆく時代の中で“電話ならでは”の価値に広がる可能性

2015.12.03

コールセンターの運用現場に聞く!第2弾。受電や受注にとどまらない、コールセンターの一歩進んだ新潮流の兆しとは……? 再び当社コールセンター部 企画グループ 兼 推進グループの藤由に聞きました。 ...続きを読む